ゲームガイド

国家介绍

時は三国時代、突如現れた名将張良、韓信らによって、衰え果てた漢王朝は復興を遂げ、着々と実力をつけて来た。天下の大勢は新たな局面を迎えた。この三国時代ならぬ四国時代に、果たして天下を取るのはどの国なのか!

1. 国家加入

Lv20になると、魏、蜀、呉、漢の四つの国から好きな国を選択し加入することができます。「お任せ」ボタンをクリックしてどの国に加入するかをシステムに任せることもできます。「お任せ」にて決定した場合、奨励として50黄金を獲得できます。

2. 基本情報

呉(222年 - 280年)は、中国の三国時代に孫権が長江流域に建てた王朝。孫呉、東呉とも呼ばれる。魏と対抗するために、蜀漢と同盟を組むが、荊州の領有問題に巡り、両国関係に亀裂が生じた。結局は荊州を手に入れ、勢力を大きく伸ばしたが、蜀漢との関係は壊滅状態になった。その後の夷陵の戦いで蜀漢に大勝し、三国鼎立の礎を作った。

3. 呉の武将

戦役で名将を獲得できるほか、自国の専属名将も徐々に開放されます。
名前 紹介
凌統 呉の名将。合肥の戦いで張遼の奇襲により敵に包囲され絶体絶命となった孫権を、腹心の部下300人を率いて救出した。
魯粛 呉の重臣。赤壁の戦いでは降伏派が多い中、主戦論を唱える。周瑜の死後には孫権陣営の舵取り役として活躍する。
太史慈 呉の名将。身の丈は七尺七寸で武勇に優れ、弓を扱えば百発百中の名手であった。神亭で孫策と互角に戦う。
孫尚香 孫堅の妹で、劉備の三番目の妻。身の回りには常に武装した侍女達が付き、自身の部屋には武具が飾り立てられている。
周泰 呉の名将。山越征伐の際、反乱軍に急に襲われて命の危険にさらされた。このとき周泰は、人の倍の勇気を持って味方を鼓舞し、全身に12ヶ所の傷を負いながらも、身を挺して孫権を護りきった。
甘寧 呉の名将。元々は水賊の親分だったが、周瑜、呂蒙に推薦され、孫権の部下となる。赤壁の戦い、濡須口の戦いで活躍する。
呂蒙 呉の名将。黄祖討伐を始め、赤壁の戦い、その後の荊州を巡る一連の戦いで大将として戦功を上げていた。
陸遜 呉の重臣。山越討伐で頭角を現し、後に関羽討伐戦や夷陵の戦いにおいて名をあげ、軍政両務における呉帝国前期の重臣として重用されたが、晩年は二宮事件に巻き込まれ、孫権と対立した。
周瑜 呉の名将。立派な風采をしており、「美周郎」と評された。赤壁の戦いで曹操を破り、天下の大勢を決めてしまった。

【追記】
今後のバージョンアップにより、上記の内容が実際のゲーム内容と異なることがございますのでご了承ください。