ゲームガイド

国家介绍

時は三国時代、突如現れた名将張良、韓信らによって、衰え果てた漢王朝は復興を遂げ、着々と実力をつけて来た。天下の大勢は新たな局面を迎えた。この三国時代ならぬ四国時代に、果たして天下を取るのはどの国なのか!

1. 国家加入

Lv20になると、魏、蜀、呉、漢の四つの国から好きな国を選択し加入することができます。「お任せ」ボタンをクリックしてどの国に加入するかをシステムに任せることもできます。「お任せ」にて決定した場合、奨励として50黄金を獲得できます。

2. 基本情報

前漢(紀元前206年 - 8年)は、中国の王朝である。秦滅亡後の楚漢戦争(項羽との争い)に勝利した劉邦によって建てられ、長安を都とした。7代武帝の時に全盛を迎え、その勢力は北は外蒙古・南はベトナム・東は朝鮮・西は敦煌まで及んだ。漢民族もこの時期に形成したと言われている。

後漢(25年 - 220年)は漢王朝の皇族劉秀(光武帝)が、王莽に滅ぼされた漢を再興して立てた王朝。後漢末期、外戚、宦官の権力闘争により政治は混乱を極めた。清流派士大夫もいたが、逆に党錮の禁に遭い後漢の衰退を止めることは出来なかった。184年起きた黄巾の乱を辛うじて平定したが、やがて曹操や劉備らが台頭し、時代は三国時代に入った。

3. 漢の名将

戦役で名将を獲得できるほか、自国の専属名将も徐々に開放されます。
名前 紹介
樊噲 劉邦に仕える猛将。劉邦とは同郷で、妻が姉妹同士の義兄弟でもある。劉邦の挙兵時から付き従い、鴻門の会で項羽から劉邦の命を救うなど数々の武勲を挙げた。
李広 漢の名将。匈奴討伐に戦功をあげ、匈奴から飛将軍と怖れられていた。
蕭何 前漢三傑の一人。劉邦の本拠地、関中で行政力を発揮し、戦地に向けて絶えず食糧や兵士を送っていた。韓信の能力をいち早く見出し、劉邦に韓信を大将軍に就かせるよう推挙した人物でもある。前漢が設立すると、丞相に任命される。
衛青 前漢の武帝に仕える武将。甥の霍去病と共に「帝国の双璧」と讃えられる。匈奴との戦いに連勝し匈奴の首を数万討ち取り、匈奴の領土を奪い取るなど、多大な功績を挙げた。
周亜夫 漢建国の功臣、周勃の次男。呉楚七国の乱において反乱軍を破る功績を上げた。
趙飛燕 前漢成帝の皇后。もと踊り子の出で,軽快な身のこなしが燕を思わせるところから飛燕と称された。
霍去病 前漢の武帝に仕える武将。叔父の衛青と共に「帝国の双璧」と讃えられる。何度も匈奴征伐に功績を挙げ、さらに匈奴の本拠地を撃破したことがある。
韓信 前漢三傑の一人。最初は項梁、項羽に仕えたが、進言が採用されず、劉邦の元へ。数々の戦いに勝利し、劉邦の覇権を決定付けた。
張良 前漢三傑の一人。祖父、父はともに韓の宰相だったが、後に秦に滅ぼされる。陳勝、呉広の乱が起きると、張良も挙兵し参加しようとしたが、途中で劉邦に出会い合流する。以来劉邦に仕え、「謀を帷幄のなかにめぐらし、千里の外に勝利を決した」と言わしめた。

【追記】
今後のバージョンアップにより、上記の内容が実際のゲーム内容と異なることがございますのでご了承ください。