ゲームガイド

ホーム  > ゲーム特徴

ゲーム特徴

■ コロニー

1:コロニーの役割

全ての星系に複数の惑星が存在していて、それらを占領し、自分のコロニーにすることができます。
コロニーの役割はプレイヤーの母星に似ていて、プレイヤーはそこで建物の建築や、メタル、クリスタル、デューテリウム、シナゲンなどの資源の取得もできます。
同時に艦隊をコロニーに停泊させ、資源を降ろしたり、宇宙船の修理などの操作も行なえます。
母星とは違って、ほぼ全ての星系に設置できるため、プレイヤーの宇宙探索に大いに役立つでしょう。

 

2:惑星のコロニー化

通常の無人惑星には二つの状態があります。
惑星の左下が緑のマーク・・・惑星に生息する生物なし、直接占領できる状態。
惑星の左下が赤のマーク・・・惑星に生物が生息していて、それらを撃退後から占領できる状態。

占領した惑星を母星の基地と「バインド」させることで、無人惑星のコロニー化は完了します。
プレイヤーはコロニー化した惑星で母星と同じように建築や、船を修理したりなどを行なえます。

惑星が占領されたあと、その惑星の所有権は占領者が放棄するまで、変わることはありません。
(母星の所有権は放棄できません)。

 

3:コロニー基地の移設

ショップで購入できる浮揚許可を使って、移設したいコロニー基地を浮揚させてから、まだ「バインド」していない惑星のメニューから、「基地移設」を選択すると、コロニー基地は移動を開始します。
移動が終われば、元の惑星にあるコロニー基地は新しい惑星に移設されます。

 

4:コロニーの略奪

プレイヤーは別陣営のコロニーを攻撃でき、戦闘に勝利すると、資源を略奪することができます。
略奪で得られる資源はコロニーにある建築が産出した資源のため、資源を産出できる建築がないコロニーへの略奪はできません。
略奪が成功したあと、艦隊は冷却時間に入り、その間に略奪はできなくなります。クレジットを使って冷却時間をクリアできます。
略奪されたコロニーには、盾のマークが表示され、コロニーが保護期間中であることを示します。保護期間中のコロニーへの略奪は不可能です。
略奪する側と略奪される側のレベル差が大きいと、略奪できる資源は少なくなります。

 

5:コロニーの防衛

自分のコロニーが略奪されないように、プレイヤーはコロニーに衛星を設置できます。
コロニーにある「防衛管制センター」で衛星を建造し、設置することで、他のプレイヤーがコロニーを略奪する際に、衛星が防衛してくれます。