更新日:2012年11月28日
毎週火曜日11:00~14:00
極光とは

背景

永久に続くと思われた混沌。 無の世界から極光大帝は天と地を創造する。
自らの精神を『天』へ、肉体を『地』に・・・そして世界が創られた。 天上には秩序を支配する神々が住まう世界
地上には神々が支配する『者』が誕生する。 神々による地上への支配はいつしか暴走をはじめ悪意と変貌していく
様を危惧した極光大帝は『天』に霊域。 地上には『地獄』を分け与え独自の進化を促す。 後の世に語り告がれていく『極光大陸』の始まりである。

地上では『人々』の繁栄が始まり新たな世界が産声をあげる。
神々への信仰が薄れていくなか、天により定めた秩序から強者による混沌たる支配が始まろうとしていた。
混沌による支配に対抗するべく極光大帝は自ら『天道』となり、『九幽鬼域』を定める。 それにより人々には
「生」と「死」、混沌と共に生きる者は『鬼』となる「輪廻」という秩序が設けられる。 新たな秩序により天と
地は遮断され、緩やかではあるが万物は繁栄を始める。 億万年という気が遠くなる年月が経ち、神々は「仙宮浮雲城」
へと身を引き、人智を超えた力を要する『仙人』が秩序の番人として世界を監視することになる・・・
 

神々の秩序を護る者、新たな秩序を模索し新世界を創造する者とで天上では暗雲が立ち込める。
いつしか仙人は「順天者」と「逆天者」に分かれ熾烈極まる戦いから抜け出せなくなっていた。仙人対戦である。
仙人たちの争いにより地上の秩序は崩壊し世界は混乱を喫する。 人智を超えた力を得ようと考えた人々は、己の秩序
によって地上を支配しようとする者。 悪意により人々を虐げる者。 仙人に成り代わり悪意によって支配しようとする者によって極光大陸は破滅の道を歩み始める。

仙人対戦により逆天者は人々の精気を吸気する邪功を・・・
順天者は生霊万物の精気を取り組む陣法を布く・・・
戦いにより人々は傷つき、生きる術すらも見失う・・・

秩序の崩壊により混沌へと歩みを進み始めた世界の有様に
極光大帝は怒り狂う。九幽鬼域 深部において永遠に閉ざされるであろうと思われた魔界の扉を開き
神々の意思に反し、罪を犯した仙人の多くを魔界に追放し悪魔へ冷遇する。 永遠の苦痛のために・・・

再び混沌の世になることを恐れた神々により
魔界の入口は猛々しい山脈により封印され深き眠りについたかと思われた。

極光皇帝は人々に光明を与えるべく
残る仙人を天界へ導き、地上を人々の手に委ねることに。
永遠を約束して・・・。

仙人が地上から姿を消し、仙人大戦も伝説として語り継がれる頃
地上は少しずつ、安らぎを取り戻し新たな秩序により生への執着が取り戻されつつあった。
極光大陸にも一筋の光明が見出されたかに思えた。
 

仙人の支配の後、人々は自ら信じる秩序により国を建国する。 戦いから1000年・・・
弱き国は淘汰され、それぞれ異なる秩序を要した烈日国、映月国、晨星国の大国により極光大陸は支配されること
になる。 ただ、神々の意思とは裏腹に人々の秩序によって齎されたのは・・・戦いであった。

 

仙人大戦が伝説として語り継がれるなか、
戦いの拮抗を打ち破るべく、人智を超えた神々の力を渇望する三国は
研究を開始する。 それが破滅の力なのか・・・光明の力なのか・・・わからずに。
永久に続くであろう戦いに人々の運命は交差し始める。